格安で挙式をあげるには

比較検討がポイント

結婚費用がなくて格安挙式プランを選ぶには式場選びがポイントとなります。

ハウスウエディングでは大変な費用が掛かってしまうからです。

例えばハウスウエディングと比較しても格安で挙式が行えるのは公共会館です。

格安だけに設備や演出などを豪華にすることはできませんが、シンプルな挙式を行うことができます。
格安の費用でも満足のいく結婚式を挙げる新婚カップルもいます。

どうしても設備や演出の充実しているホテルで結婚式を挙げたい人は、仏滅やシーズンオフに挙式を挙げる方法がおすすめです。

仏滅やシーズンオフ(ゴールデンウィーク・夏・冬・年末年始)などは、ホテルや結婚式場なども割引特典を用意しています。

それに結婚式場に知人が働いている場合も割引優遇してくれるケースがあります。

会社員やOLの人は会社の福利厚生などをチェックしてみるのもいいでしょう。

福利厚生で提携している結婚式場やホテルが割引で利用できるケースがあります。

結婚式場は競争激化の中様々な割引特典を用意していますので、格安で挙式できる式場を比較してみるのもいいでしょう。

「挙式費用」と「サービス内容・設備・演出」を比較検討してみながら検討するといいでしょう。


images2

今回の特選コメント

結婚式は、何をするにしても費用がかかります。 テーブルの上のお花を少し増やしたり、お料理を一品加えたり、とにかく何をするにもお金がかかるんです。 それだけに予算が少ない人には、自分が思うような結婚式が挙げられないと嘆く人が多いのです。 逆に言うと、あまり必要のないサービスや物について削ってけば、かなりの予算が浮くことになります。 浮いた予算を、自分がやりたいことに回せば、予算押さえながら満足度の高い結婚式を挙げることができます。 取捨選択が難しいかと思いますが、必要のないものは思い切って辞めてしまうようにしてみませんか。